夏に日差しが強くなると気をつけること”お肌の露出と熱中症”!

例えば特に夏、日差しが強くなる季節や気温が肌で感じて高くなる露出が多くなる季節など注意することがあります。

女性であれば露出があるとキャミソールなどを着るとムダ毛処理などが気になりますね。

そのムダ毛処理を間違った自己処理方法をすると黒ずみの原因にもなったりします。

今既にそんな黒ずみに悩んでいるという場合は当サイトで紹介している様なハーバルラビットナチュラルゲルクリームなどといった黒ずみ対策ケアクリームがおすすめです。

そもそもムダ毛処理の自己処理はあまりおすすめ出来るものではありませんので・・・脱毛は脱毛のプロにお任せするのがおすすめです。

大阪で脱毛サロンを探すならこちらが参考になります。

「熱中症」とは?

「熱中症」とは、体温が上がることにより、体温の調節機能が働かなくなり、めまいやけいれん、嘔吐などを起こす病気のことです。

 ・気温が高く、湿度も高い日
 ・風が弱く、日差しが強い日
 ・急に暑くなった日

などは要注意ですが、気温が低くても、湿度が高いとかかりやすいということです。

体が暑さに慣れていないと?

そして、体が暑さに慣れていないこの時期、子供がスポーツ大会や運動会の練習などで熱中症にかかる率が多いです。指導者が注意を払うのはもちろんですが、子供も、具合が悪くなったらすぐ申し出るようにしたいものです。

車の中は高温になる?

また、車の中は高温になるので、乳幼児を車中に置き去りにすることは危険です。
「ちょっとの間だから。」と軽く考えては、取り返しのつかないことになる可能性があるので、注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする